Arch Linux

※2013-07-12 22:13:11の話です

#ArchLinuxInstallBattle

  • DHCPでIPアドレス取得できる環境を前提
  • ISOイメージからブート
  • 一時的にキーマップを設定
    • # loadkeys jp106
  • まずはパーティションをお好みで
    • # fdisk
    • /dev/sda1 128M -> /boot
    • /dev/sda2 残り -> /
    • sda1にbootable flagを付ける
  • ファイルシステムを作成
    • # mkfs.ext4 /dev/sda1
    • # mkfs.ext4 /dev/sda2
  • マウント
    • # mount /dev/sda2 /mnt
    • # mkdir /mnt/boot
    • # mount /dev/sda1 /mnt/boot
  • ベースシステムのインストール
    • # pacstrap /mnt base base-devel
  • ブートローダのインストール
    • # pacstrap /mnt grub-bios
  • fstabの作成
    • # genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
  • インストールしたシステムへchroot
    • # arch-chroot /mnt
  • ホスト名の設定
    • # echo "hogehoge" > /etc/hostname
  • タイムゾーンの設定
    • # ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
  • localeの設定
    • /etc/locale.genからen_US.UTF-8とja_JP.UTF-8を有効化
    • # locale-gen
  • システム全体のlocaleの設定
    • # echo "LANG=en_US.UTF-8" > /etc/locale.conf
  • コンソールの設定
    • # echo "KEYMAP=jp106" > /etc/vconsole.conf
  • /etc/mkinitcpio.confをいじったらinitial ramdiskの再生成
    • # mkinitcpio -p linux
  • GRUBをMBRにインストール
    • # grub-install /dev/sda
    • # grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
  • rootのパスワード設定
    • # passwd
  • net-toolsを入れといた方がいい
    • # pacman -S net-tools
  • chrootから抜けてアンマウント後に再起動
    • # exit
    • # umount /mnt/boot
    • # umount /mnt
    • # reboot
  • ユーザの追加
    • # useradd -m -G users,wheel -u 1001 hogehoge
    • # passwd hogehoge
  • 静的IPアドレス設定
    • # cp /etc/netctl/examples/ethernet-static /etc/netctl/ethernet
    • /etc/netctl/ethernetを編集
      • eth0をens32とかに書き換えること
    • # netctl enable ethernet
    • # netctl start ethernet

必要なものをインストール

  • sshdとか
    • # pacman -S openssh
    • # systemctl start sshd
    • # systemctl enable sshd.service

pacman

  • pacman -Syu
  • pacman -Ss hoge
  • pacman -S hoge

opensmtpd

参考

Last edited by Anonymous, 2018-06-16 23:59:41