HP ProLiant ML115 G5

構成

OS

  • FreeBSD/amd64 7.1-BETA2 (2008-11-19)
  • FreeBSD/amd64 7.1-RELEASE (2009-01-06)
  • VMware vSphere Hypervisor 4.1 Update 1 (2011-08-16)
  • VMware vSphere Hypervisor 5.0 (2011-12-30)
    • FreeBSD/amd64 8.2-RELEASE (2011-08-17)

コンソールでの作業

  • minimal でインストール
  • sudo 入れる
  • root のパスワードを殺す
  • sshd を動かす

Cool'n'Quiet

  • /etc/rc.conf:
    powerd_enable="YES"
  • # /etc/rc.d/powerd start
  • # sysctl -a dev.cpu.0.freq
    dev.cpu.0.freq: 1000
  • # sysctl -a dev.cpu.0.freq_levels
    dev.cpu.0.freq_levels: 2700/50000 2600/46314 2400/39464 2200/33282 2000/27736 1800/24963 1000/13258
    • 1.0GHz, 1.8GHz, 2.0GHz, 2.2GHz, 2.4GHz, 2.6GHz, 2.7GHz

munin

  • munin-node.conf
    • allow ^192.168.248.185$
    • ↑127.0.0.1 だけだとグラフ生成されない

BIOS 設定

  • Main
    • Boot Settings Configuration
      • Summary Screen [Enabled] → [Disabled]
  • Boot
    • Embedded NIC PXE [Enabled] → [Disabled]
  • Advanced
    • Console Redirection
      • Console Redirection [Disabled] → [Enabled]
      • EMS support(SPCR) [Disabled] → [Enabled]
      • Serial Port Mode [09600 8,n,1] → [115200 8,n,1]
      • Terminal Type [ANSI] → [VT100]

ESXi移行

  1. 実システムの各パーティション(/,/tmp,/var,/usr)をdumpコマンドでdump
    • dump先はESXiインストール先とは別のディスク上のUFS2
    • dump -0af /backup/hoge.dump /hoge
  2. ESXiインストール
    • HP ESXi Installable CD for ESXi 4.1 Update 1を入れると起動後しばらくしてsfcb-smxあたりでカーネルパニックする
    • なので通常版を入れる
    • HP版のサポート対象はML150とか以上なので仕方ないね
  3. 仮想マシン作成
    • dumpしたデータのあるディスクをRDMで使えるようにしておく
  4. FreeBSD LiveFS CDで仮想マシンを起動してrestore
    • 仮想ディスクにパーティション・ディスクラベル作成
    • dump先のディスクをマウント
    • restore -rf /backup/hoge.dump /mnt/hoge
  5. /etc/fstabの修正
    • 仮想ディスクはda0として見える

気になる点

  • Cool'n'Quietが効いてない
  • 健全性ステータスでセンサのデータが見えない
    • HP版の*.tgzとかをアレしてなんとかできないだろうか
      • 5.0にしたら見えるようになった (2011-12-30)

その他メモ

  • 外箱 150サイズ

参考

Last edited by Anonymous, 2016-10-01 19:23:23